MENU

小銭入れは財布がかさばるのが嫌な人や、紙幣と小銭を分けて持ち運びたい方にオススメ!見た目もカッコイイ!

財布はちょっと油断しただけですぐに小銭が貯まってしまって、かさばることが多々あります。人によっては財布がかさばるのが嫌なこともありますよね。そんな時に欠かせないアイテムとして人気なのが「小銭入れ」です。

 

カード類が入る札入れとセットで扱われていることが多く、長財布との相性も抜群ですよね。小銭入れを持つことで得られるメリットはたくさんありますし、ワンランク上の上質なオシャレを楽しみたいなら必須のアイテムと言えます。今回は小銭入れの魅力や特徴について紹介していきます。

 

やっぱり革の小銭入れ!

せっかく小銭入れを選ぶならやっぱり「革」のものがオススメです。というのが、小銭入れは色々ある財布の中でも最も使用頻度が高い傾向にあり、ポケットに入れて持ち運ぶことが多いですよね。その分だけ消耗しやすいわけです。

 

ナイロン製などの小銭入れの場合、使えば使うだけ汚くなるのが普通なのですが、革の小銭入れは使い込むほど魅力が高まっていきます。革が持つ質感の変化が楽しめます!

 

長財布や札入れと相性抜群!

小銭入れはどのタイプの財布と組み合わせても良いのですが、特にオススメなのは長財布や札入れになります。むしろ札入れの場合は小銭入れとセットで運用するのが一般的です。

 

長財布の特徴を考えてみると、カードや紙幣がたくさん入れられる、スマートな外見でおしゃれなアイテムとして使われている、といった点が挙げられます。つまり小銭でパンパンに膨らんだ長財布はあまりかっこよくないことになりますね。

 

財布が膨らんでしまう最大の理由は小銭がたっぷりとはいっているからです。小銭入れを併用することでこれを回避できます。同時に小銭が入ることで長財布の寿命が縮まる傾向にあるのですが、小銭入れを使うことで結果的に長財布の寿命を長くできるのもオススメポイントになります。

 

メインの財布と素材を揃えよう!

小銭入れを使うならぜひメインの財布と同じ素材のものを選ぶことをオススメします。できれば同じブランド、セットで販売されているものを選ぶのが良いですね。

 

上記した通り、長財布や札入れと一緒に使うことが多いため、バラバラの質感…例えば長財布は革なのに小銭入れはナイロン…では違和感が大きくなってしまいます。

 

同じ系統の革の素材でそろえるのが1番スタイリッシュでカッコイイのは間違いありませんね!

 

まとめ
ということで今回は小銭入れの特徴や魅力について紹介してきました。人によっては「わざわざ小銭入れを持ち歩くのは面倒」と感じるかもしれません。確かにコレはデメリットではあります。しかし、慣れてしまえば小銭入れを別で持ち歩くことが負担には感じられなくなるものです。それ以上に小銭入れがあることのメリットの方が大きく感じられるのではないでしょうか。

 

小銭入れは長財布などと比べるとリーズナブルな価格で販売されていることが多いです。プレゼントなどにも選びやすいと思うので、どういった商品があるのか一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル