MENU

ブランドは嫌いだけど良いものが欲しい!という方はココマイスターの財布がオススメ

世間的にはどちらかというとブランド物が好まれる傾向にあります。しかし中には「ブランドはあまり好きではない」という方がいらっしゃるのも事実。

 

周りの人たちと同じものを持ちたくない、ブランドという理由だけでたくさんのお金を支払わなくてはならないのが気に入らない、ちゃらちゃらとしたイメージがあるなど。

 

しかし一方で、本当に良いものはブランド物に偏っているのもまた事実。つまり、ノンブランドで良いものと出会うのは簡単なことではありません。

 

そこで今回はブランド嫌いな女性で、上質な財布を求めている方にぜひオススメしたいココマイスターについて紹介していきます。

 

ノンブランドなのに絶賛の嵐!今ネットで1番注目を集める革屋さん

ココマイスターを一言で表現するなら「最高級の素材を最高級の職人たちが作り上げる財布ブランド」です。

 

ブランド品は確かに良い素材のものを使用しています。しかし職人が作っているか…と言えば結局のところ工場で自動化されているのがほとんど。使用している皮革は天然のものなのでこのあたりの齟齬が不良品を生み出してしまうリスクに繋がっている、と指摘されています。

 

しかしココマイスターは違います。日本の熟練の財布職人たちが1つずつ丁寧に手作業で作り上げているんです。これだけで何となく欲しくなってきませんか?

 

コンセプトごとに使う素材が異なる

ココマイスターをオススメしたい理由のひとつがコンセプトごとに用いている素材・皮革が異なることです。素材が変わればそれだけで人気が大きく変化します。

 

例えば「経年変化しやすい皮革」「耐久性に優れた皮革」「柔らかくて使いやすい皮革」などなど。

 

本物志向の革財布を選ぼうと思ったら、ごく限られた選択肢の中から自分の好みに合うものを探し出す必要がありました。ブランドなら比較的選択肢甲府に用意されているのであまり問題にはなりませんが、ブランド嫌いの方なら何となくイメージできるのではないでしょうか。

 

このようにココマイスターは、実に豊富なラインナップの中から自分の好きなものを選べる、シーンに合わせたものを選べるのが魅力的です。

 

価格も比較的リーズナブル!何十年も使える相棒を探せる

ブランド品はどうしても値段が高くなってしまうのがネック。特に本物志向の財布になってくると10万円台のものも選択肢として考えておく必要が出てきます。

 

残念ながら素材が良い、作りが良いからこんなに高くなっているのではありません。ブランドによるネームバリューによって価格が上乗せされているんです。

 

ココマイスターはブランド品のように、決してネームバリューがあるわけではありません。そのため、最上級の素材、作りにもかかわらずかなりリーズナブルな価格で満足のいく財布が手に入れられます。もちろん本革にこだわっているため、大事に使えば何十年も使い続けられます。エイジングを楽しみたいならチェックしてみるべきでしょう。

 

終わりに

いかがだったでしょうか。ココマイスターは現状としてはブランドではありません。しかし昨今の急激な人気の上昇ぶりを見ていると、1つのブランドとして取り扱ってもおかしくないレベルとも言えるかもしれませんね。

 

ココマイスターはネットで購入することができるのですが、ほとんどが売り切れ、または予約受け付け中になっています。職人が1つずつ手作業で作っているため、生産量が絶対的に少なく、一方で人気が集中しているので仕方が無いのかもしれません。

 

まずはネットでどのような商品があるのかをチェック。もしも在庫がある、または予約受け付け中なら早めの決断をオススメします。

 

実際手にとって商品をじっくりと見極めたい!という方は実店舗まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル