MENU

海外の財布も名のあるブランドのものなら国内でも手軽に購入可能!ただし必ずサイズの確認を忘れないように

ビジネスシーンで欠かすことの出来ない革財布。ご存知の通り、革製品は主にヨーロッパを中心に発達していて、日本よりも海外のものが世界的に高く評価されています。日本の革製品はまだまだこれから、と言えるかもしれません。

 

ということで、革財布と言えば海外のものでしょう!という方もたくさんいらっしゃると思います。しかし、どうすれば手に入れられるのでしょうか。国内で購入することはできるのでしょうか。

 

海外有名ブランドの財布なら手軽に購入できる時代に

海外のブランド財布と聞いて何を連想するでしょうか。エルメス、ルイヴィトン、コーチ、ポールスミス、ブルガリ、グッチ、バーバリー、プラダ、ダンヒル…。挙げればキリがありません。

 

もしかすると中には「え?これって海外ブランドだったの?」というものもあるかもしれませんね。想像以上に日本国内でも当たり前のように海外の財布が販売されています。

 

各ショップやセレクトショップでの取り扱い、通販サイトでも手軽に購入できますよね。

 

海外の財布を購入する前に注意しておきたいこと

作りや素材の良さに関してはブランド物を選べばまず間違いないと思います。では何に注意するべきなのか。それは札入れの大きさです。

 

実は日本の紙幣は世界的に見ても大きめ。そのため、海外ブランドの財布だとキレイに収まらなかったり、ギリギリすぎて出し入れしづらいことがあります。

 

上記した有名ブランドは日本も大きな市場マーケットのひとつとして捉えているので、日本の紙幣に対応できるサイズのものを取り扱っていることがほとんどなのですが、一部の海外ブランドではこういった点に気をつけておきましょう。

 

オススメのブランドはどれ?

これに関しては好みによって分かれるので一概には言えません。どのブランドも非常に良質な素材を使用していますし、一流ブランドなだけあって作りの丁寧さもトップクラス。値段相応のステータスが手に入るのももちろんです。

 

ですが、個人的には海外ブランドの財布を選ぶのも良いのですが、国内ブランドの財布にも注目して欲しいと思います。その中のひとつが「ココマイスター」です。

 

良質な素材にこだわり、職人が1つずつ丁寧に手作業で作り上げる財布はこだわりの結晶。知名度こそ海外ブランドには劣るものの、品質に関しては引けを取っていません。また値段もリーズナブルな価格に設定されているのも注目すべきポイントのひとつ。

 

結局のところ実際に使ってみないと分からないのが革財布の魅力であり、悩みどころです。ぜひ色々な商品に触れてみて、長く付き合える逸品を探し出してみてください。

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル