MENU

カッコいい男性を目指すなら良質な長財布を持つべし!

財布を選ぶとき、長財布にするか二つ折にするか悩む人も多いと思います。どちらにも一長一短があり、目的に合わせて選べればそれに越したことはありません。しかし、長財布の方が人気が高いですよね。そこで今回はなぜ長財布が良いのかについて考察していきます。

 

単純に収納力が高い

極めてシンプルな理由のひとつとして、収納力の高さが挙げられます。二つ折の場合だと、折りたたんで使用することが前提となっているので、どうしても容量に制限がかかってきます。

 

しかし長財布は二つ折よりも収納力が高く、たくさんのカード、お札、小銭が入れられます。長財布の商品によってはあえて小銭入れをつけず、お札、カード専用のものなど使い方を限定することでさらに収納力を高めているものもあります。

 

たくさんのお札を入れて持ち運ぶ人はもちろんですが、そうでない人も、容量に余裕があればその分だけお金を確認しやすい、取り出しやすい、といったメリットにも繋がります。

 

見た目がカッコイイ

財布は誰もが携帯するアイテムの1つです。そして意外と他人に見られることが多いものでもあります。オシャレは小物で随分と印象が変わってくるので、見た目重視で長財布を選ぶ方も多いです。二つ折でも革を使ったカッコイイものもありますが、やはり長財布の方がスタイリッシュな印象がありますよね。

 

また収入の多い人ほど長財布を使う傾向にあるため、実際はそうでなかったとしても、ステータスが高く見られるのも長財布の良いところだと思います。

 

長く使えることが多い

こちらは人によって異なると思いますが、全体的な傾向でみると長財布の方が二つ折よりも寿命が長いです。二つ折の場合だとお金を出し入れするたびに消耗してしまいますし、ポケットに入れて持ち運ぶ人が多いので摩耗しやすいです。

 

しかし長財布はポケットに入れるという理由は鞄に入れて持ち運びことが多いのであまり摩耗することはありません。またポケットに入れっ放しで座って、形が崩れたり…と言った心配もありません。結果的に長財布の方が寿命が長い、というわけですね。

 

お札を丁寧に扱える

二つ折財布の場合だと中に入れているお札を降り曲げることになります。そのためぐちゃぐちゃになってしまいがちですよね。しかし長財布ならそういった心配はありません。基本的にお札はまっすぐにしたまま収納できるので丁寧に扱うことができます。

 

これは金運的な観点からみてもプラスなことですし、第三者が見たときにあなたのお金の扱い方がハッキリと見て取れるためこれもやはりプラスに働いてくれます。

 

案外気が回らないお札の取り扱いですが、特に女性は良く見ているものです。

 

まとめ
ということで今回は「なぜ長財布が良いのか」に焦点を当てて紹介してきました。ポイントをまとめると以下の通りです。

 

  • 収納力が高い
  • 見た目がカッコイイ
  • 寿命が長い傾向にある
  • お札を丁寧に扱う

 

特にポイントになるのは上2つではないでしょうか!同じ長財布でも素材が違うだけで随分と印象が異なりますし、中には純札という小銭入れスペースのない長財布もあります。目的に合わせて好みのものを探してみましょう。

失敗しない長財布の選び方を伝授!これさえ守れば愛用の1品が必ず見つかる!

長財布の選び方は使い勝手や素材など色々な角度から厳選することが大切

せっかく長財布を購入したのに、何となく失敗だった…と感じる方は結構多いようです。決して安いものではないだけに、後悔が大きくなってしまいがちです。

 

そこで今回は失敗しない長財布の選び方のポイントを紹介していきます。

 

使い勝手で選ぶ

長財布の使い勝手は「何を入れるか」がポイントになってきます。

 

小銭入れを別途用意するか

もし長財布とは別に小銭入れを別で用意するのなら、かなり選択肢が広がってきます。しかし一方で、小銭を収納することを前提とした長財布を選ぶなら、ある程度選択肢が狭まってしまいます。

 

もしも小銭入れを用意できるなら「かぶせ蓋タイプ」の長財布が特にオススメです。

 

カードが多い

最近では男性もカードを多く持ち歩く傾向にあります。クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカードなど色々な物になりますよね。カードの数が多い方は容量の多い長財布を優先して選ぶことをオススメします。ある程度容量が大きめにデザインされているものならたくさんのカードを入れてもパンパンになりづらく、型崩れのリスクが小さくなります。

 

カードが多い方は「ラウンドファスナータイプ」の長財布を選ぶのが良いかもしれません。

 

素材で選ぶ

長財布には本革、合皮といったレザー系の素材もあれば、ナイロンなどの繊維系の素材のものもあります。

 

一般的には革の長財布の方がスタイリッシュで見た目が良く、洗練された印象があります。また耐久性においても優れていますね。しかし一方で価格が高くなりやすい、買い替えしづらい、と言った部分もあります。

 

一方の繊維系の長財布の場合、デザインが良いものも多いのですが、革の長財布と比べるとあまり洗練された印象はありません。なのでどちらかというとカジュアルに使うことを目的としています。全体的に価格が低めに設定されているので気軽に買い替えられる一方、革の長財布のように経年劣化を楽しむ、といった使い方には適していません。

 

このように使う目的に合わせて素材を選ぶのはとても大事なポイントになります。悩んでいるならレザー系を選べばひとまず間違いは無いでしょう。

 

色やサイズで選ぶ

長財布は長く使うだけでなく、基本的に毎日使用するものなので、できるだけ飽きのこない色、使い心地の良いサイズにこだわることが大切です。

 

長財布の色

色に関しては無難に「黒」「ブラウン」あたりがオススメです。カジュアルな場面でも、フォーマルな場面でも、さらにはビジネスシーンでも使い勝手が良いので迷っている方はぜひ。

 

ちなみに全体的な傾向としてブラウン系の長財布は素材そのものの表情を大事にした加工が施されていることがほとんどなので、経年劣化(エイジング)をより楽しみたいならブラウンがイチオシです。

 

サイズ

最近でこそあまり気にしなくても大丈夫なのですが、長財布によっては日本の紙幣を収納するには少しサイズが小さいことがあります。というのが海外の紙幣は日本のものよりも一回り小さいサイズが採用されていることがほとんどだからです。これに合わせて作られた長財布は日本で使うには少し小さいことがあるので注意しておきましょう。できれば購入前に紙幣を入れるスペースのサイズを確認したいところです。

 

価格で選ぶ

長財布は無名のものからブランド品まで多岐にわたります。そのため価格を気にするのは当然のことです。せっかく良い長財布を買っても、中に入れるお金がないと元も子もありませんよね。

 

1万円以下の長財布の場合、基本的に合皮が使われています。もちろん牛革など本革を使ったものもあります。

 

1万円〜3万円くらいの長財布の場合、それなりに良い素材で作られていることが多く、ブランド物も狙える価格帯と言えます。

 

3万円〜5万円以上になってくると間違いなく高級品になります。ブランド物だったり、有名な職人が作った長財布だったり、といったステータスも手に入ります。

 

長財布は思っている以上に人によく見られるアイテムです。それだけに、多少奮発して購入するのも悪くありません。

 

ブランドで選ぶ

お気に入りのブランドがあるなら、そのブランドの長財布を選ぶのもオススメの方法です。やはりブランドならではのデザインがありますし、ステータスも期待できます。

 

代表的な長財布のブランドと言えば「ルイヴィトン」「ボッテガヴェネタ」「エッティンガー」あたりが定番でしょうか。国内にも優れた長財布のブランドがたくさんあるので、これらを選ぶのもオススメです。

 

ブランド物は見た目やステータスはもちろんですが、耐久性に優れていることがほとんどなので長く愛用しやすいのも特徴です。

 

まとめ
ということで今回は失敗しない長財布の選び方を紹介してきました。ポイントをまとめると以下の通りです。

 

  • 小銭入れを用意できるならかぶせ蓋
  • 収納力を求めるならブランドファスナー
  • 色やサイズもしっかりと確認する
  • 長財布に使われる素材によって特徴が変わるので使い方に合わせて選ぶように心がける
  • 無理のない範囲の価格を選ぶ
  • 好きなブランドから選ぶ

 

基本と言えば基本と言える部分なのですが、これらをきちんと押さえておけば「失敗した…!」とはならないと思います。

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル

 

せっかく長財布を購入したのに、何となく失敗だった…と感じる方は結構多いようです。決して安いものではないだけに、後悔が大きくなってしまいがちです。そこで今回は失敗しない長財布の選び方のポイントを紹介していきます。使い勝手で選ぶ長財布の使い勝手は「何を入れるか」がポイントになってきます。小銭入れを別途用意するかもし長財布とは別に小銭入れを別で用意するのなら、かなり選択肢が広がってきます。しかし一方で、...

 
 

自分用に購入するにも、プレゼントするにも財布の色はとても重要なポイントになりますよね。そこで今回は男性向けの財布で人気の色、定番の色を紹介していきます。それぞれの色が持つ特徴を中心に紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。スタイリッシュさと無難さの黒男性の財布の色で最もスタンダードかつ無難でさらにスタイリッシュさがあるのは「黒」ではないでしょうか。男性の場合プライベートもビジネスシーンでも同じ...

 
 

財布は大きく分けると「長財布」「二つ折財布」の2つになります。基本的に財布は1度購入すれば長く使い続ける傾向にあるので、かなり悩む方は多いと思います。そこで今回は長財布と二つ折のそれぞれのメリットとデメリットを整理した上で、どちらを選ぶべきなのかについて考察していきたいと思います。長財布のメリット収納力が高い長財布最大のメリットはなんと言っても収納力が高いことでしょう。一般的な長財布なら、カードポ...

 
 

財布は「所詮お金をいれるためのものだからそこまで高くなくても良いでしょう?」という考えの方もいます。しかし一方で「財布はそれなりに良いものを持った方が良い!」という方もいます。果してどちらが良いのかについては個人によるのですが、今回は財布にかける費用について考えてみたいと思います。安い財布のメリットとデメリットまずは安い財布のメリットとデメリットから考えてみましょう。安い財布のメリットなんといって...

 
 

財布はちょっと油断しただけですぐに小銭が貯まってしまって、かさばることが多々あります。人によっては財布がかさばるのが嫌なこともありますよね。そんな時に欠かせないアイテムとして人気なのが「小銭入れ」です。カード類が入る札入れとセットで扱われていることが多く、長財布との相性も抜群ですよね。小銭入れを持つことで得られるメリットはたくさんありますし、ワンランク上の上質なオシャレを楽しみたいなら必須のアイテ...

 
 

男性なら女性にモテたいと思うのは当然のことだと思います。そして女性は男性が思っている以上に小物などのアイテムに敏感だったりします。その最たるものが財布ですよね。お金が関係しているのもありますが、財布のセンスで印象が随分と変わってくるものです。そこで今回は女性ウケする財布について考察していきます。長財布が大人気!結論を先に言ってしまうと、女性ウケしやすいのは「長財布」で間違いないと思います。これには...

 
 

財布の商品紹介などを見ていると「マチが大きく取られていて…」といった表現をみかけます。「マチとは何?」と思う人もたくさんいらっしゃるでしょう。簡単に言えば、財布を開いたときにより大きく広げられるための構造のこと。いくつか種類があり、それぞれに特徴があります。ここではマチについて解説していきます。財布のマチの種類と特徴マチには大きく分けて3つの種類があります。それぞれ用いる場面や特徴が異なるのでチェ...

 
 

革財布について色々と調べてみると、必ずといっていいほど出てくるキーワードがあります。それが「コバ」です。しかし普通の生活を送っていると「コバってなんだ?」と思うのは当然のこと。そこで今回はコバについて解説してみたいと思います。財布のコバとは端の処理のことコバは革財布の端の部分になります。漢字で書くと「木端」。革の断面を見ると木目に見えなくもないですよね。ここからコバと呼ばれるようになったそうです。...