MENU

イタリアのレザー×日本の職人芸=アヤメアンティーコの長財布

画像

イタリアで学んだマエストロの立ち上げたブランド

財布ブランドの中で近頃注目を集めているのが、アヤメアンティーコです。設立されたのは2014年6月ですから、新興のブランドです。
アヤメアンティーコを設立したのは、菖蒲智氏です。菖蒲さんは日本で当初活躍していたのですが、その後イタリアのフィレンツェで革製品の技術を学びます。このためイタリアの伝統の革製品と日本の職人のコラボレーションということで、注目を集めています。

 

アヤメアンティーコという名称ですが、前半の「アヤメ」は代表の菖蒲さんの名前から取っています。後半のアンティーコとはイタリア語の一種で「昔の、古風な」という意味があります。ですから「菖蒲さんの作り出すアンティークな革製品」という意味合いがあります。

 

現在は実店舗がなく、購入するとすればネット通販を通じてとなります。まだ財布のラインナップは決して多くありませんが、使い心地の良い財布が多いので一度チェックしてみる価値はあるでしょう

 

 

アヤメアンティーコならこちらがおすすめ!人気アイテム3選

アヤメアンティーコの財布を購入してみたいけれども、具体的にどれを選べばいいのかわからないという人もいるでしょう。そこでアヤメアンティーコの中でも人気のアイテムをここで3つ紹介しましょう。

 

イントルノ ポルタフォーリオ

画像

この財布の詳細をみてみる

アヤメナンティーコの財布の中でもトップクラスに人気のあるアイテムの一つに、イントルノ ポルタフォーリオがあります。デザインがシンプルなので、性別・年齢関係なく使用できるのが魅力です。

 

イントルノ ポルタフォーリオではミネルバボックスを使用しているのが特徴の一つです。ミネルバボックスは革表面にシボと呼ばれるしわのあるところが特色です。独特な表情を見せてくれるので、自分の持ち物という特別な愛着を持ちやすいです。

 

使い込んでいくと、このシボは徐々に薄くなっていきます。イントルノ ポルタフォーリオもシボは使い続けていくと徐々に薄くなり、いずれ消えます。しかし逆に経年変化によってツヤが出てきて美しくなっていくところがまた魅力です。

 

ポルタフォーリオ グランデ

画像

この財布の詳細をみてみる

財布を購入する場合、とにかく収納力にこだわる人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、ポルタフォーリオ グランデです。カードポケット12段・札入れ2カ所・ファスナータイプの小銭入れ・隠しポケット2か所といった感じで、たくさんのものをしまえます。

 

収納に優れているだけでなく、質感もポルタフォーリオ グランデの魅力です。イタリアのバケッタレザーという伝統的な皮素材の中でも最高級皮革とされるリスシオを内装にまで使っていて、財布を開けても上質な印象を与えてくれます。

ポルタフォーリオ フォルマエッレ

画像

この財布の詳細をみてみる

ズボンのポケットなどに簡単にしまえるようなコンパクトサイズの財布を探している人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、ポルタフォーリオ フォルマエッレです。ポルタフォーリオ フォルマエッレはポケットサイズに仕上げたL字型ウォレットで、どこに持っていくにもマッチしている使い勝手の良さが人気です。

 

小銭入れやカードケースの他にも、IC定期券入れなどいろいろな用途で利用できます。軽量に作られているのでポケットに入れていても重みが気になりません。また構造もこだわりがあって、小銭を入れていた際に振っても小銭が落ちないようになっています。ユーザーの使い勝手に配慮された財布といえます。

 

シンプルなデザインなので、どのようなシチュエーションにもマッチしています。自分で購入するのはもちろんのこと、誰かへのプレゼントにもおすすめです。

 

イタリア伝統の革と日本人の職人技のコラボ

画像
アヤメアンティーコはイタリアの革と日本人の職人芸の織りなすハーモニーが人気の理由です。まずイタリアの革ですが、ミネルバボックスとミネルバリスシオと呼ばれる素材を使っています。一般の方にはあまり聞きなれない素材の名称かもしれませんが、イタリアの革の中では伝統的な最高級の素材です。
ミネルバボックスやミネルバリスシオの特徴は、経年変化にあります。使い込めば込むほどツヤが出てきて、独特の美しさを作り出します。

 

この特徴的なイタリアの革素材を財布に仕立て上げるのが、日本の熟練職人の技です。熟練の職人によって、縫製がきれいになされています。完全手作業なので、それぞれに微妙に異なる表情を見せていて特別な愛着を感じられます。しかも販売する前には検品されるので、一定の水準以上の品質を保っているので安心です。

 

アヤメアンティーコの財布ですが、いずれもシンプルなデザインとなっています。しかも外装ではロゴなども一切入っていないので、どのようなシチュエーションで使っても違和感がありません。ユーティリティに優れた財布といえます。

 

金属部分も自社で製造

画像

財布にはファスナー部分など金属を使っている箇所があります。アヤメアンティーコでは財布に使われる金属部分も自社で製造しています。金属も職人が制作していますので、ピカピカに仕上げられています。しかもファスナーの持ち手のところには、「AYAME ANTICO」が刻印されています。

 

金属まで自社で作っている財布ブランドは、他にはなかなかないでしょう。このような側面を見ても、いかにモノ作りにこだわっているブランドかということがわかります。

 

大人の男女におすすめの財布

アヤメアンティーコは先ほども紹介したように、シンプルなデザインにまとまっています。ですから大人世代の男女にマッチする財布といえるでしょう。具体的には30代前半から50代にかけての男女の持つ財布になるでしょう。

 

また革の経年変化に魅力がありますので、長く革製品を愛用したい人にもおすすめです。ブランド力はまだ高くはないものの、品質はしっかりしています。ブランド名にこだわりのない人は、一度チェックしておく価値はあるでしょう。

 

今後伸びる可能性もあるブランド

正直言って、有名ブランドが数ある財布の世界ではアヤメアンティーコはまだまだ無名の存在であることは否めません。しかし財布マニアの間では注目される存在になりつつあります。シンプルなデザインでありながら、どこか気品の高さも漂わせています。

 

今後人気ブランドの一つに上り詰める可能性も十分あります。無名のアイドルを応援するような感覚で見守るのも面白いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル