MENU

財布は意外と他人が見ている!それなりにお金を掛けた財布を使って恥ずかしくないビジネスマンを目指そう

社会人だけに限った話ではありませんが、人は自分と他人を見比べて優劣をつけたがります。もちろん人柄や能力が大きなファクターとなってくるのですが、もうひとつ見落としがちな大事な要素があります。それが財布などの小物です。

 

ビジネスマンの方なら上司や同僚から口酸っぱく普段から言われているでしょう。「良いものを身につけろ」と。

 

例えば靴。スーツは良いものでも靴がボロボロだったり、全然お手入れしていないものだと「本当に大丈夫なのかしら?」「お金が無いのに無理してるんじゃない?」と思われてしまいます。文字通り「足元を見る」といったところでしょうか。

 

これと同じように財布も他人に見られやすい小物だと覚えておきましょう。現代人にとって「お金を稼ぐ力」こそ最も大事な力であり、同時に他人との差別化を計る大きなポイントになってきます。そのお金を収納する財布がみずぼらしいものだったら…どうでしょうか。

 

同時に自分自身の過去を振り返ってみても「あまりジロジロ見てはいけない」と思いつつ、ついつい他人の財布に注目してしまった経験は無いでしょうか。

 

身に付けている財布で自分の評価が知らないところで決まっていたら…と思うとちょっと怖いですね。

 

ということでここでは年代別、財布にかける平均金額について紹介していきます。もちろんあくまでも目安のひとつであり、必ずしも守る必要はありません。が、参考になると思います。

 

10代の平均金額は「1万5000円前後」

大学進学率は年々増加し続けている傾向にありますが、10代のうちから働き始めている方もたくさんいらっしゃいます。しかし、年齢のこともあって、よほどの能力を持っていない限りをそこまで収入が高くないのが一般的です。

 

なので例えたくさん稼いでいる人でも10代のうちからもあまりにも高い財布を使っていると「こいつは調子に乗っているのか?」と出る杭を叩くではありませんが、あまり良い印象を与えない可能性も。

 

ということで10代の財布の値段の相場は大体1万5000円前後を目処に考えておくのがちょうど良いと思います。あまりにも安いものを使うと「まだまだ10代だよなぁ」と思われてしまう可能性もあり、社会人としてはあまり歓迎できる自体ではありません。

 

20代の平均金額は「1万円〜2万5000円前後」

おそらく大半の方は20代から社会人としてバリバリ働き始めることになるでしょう。大きく20代とくくりましたが、20代前半と20代後半ではかなり印象が変わってきます。

 

まず20代前半ですが、こちらは社会人として経験が浅い、ということもあって大で1万5000円前後、高くても2万円くらいを考えておくのがちょうど良いと思います。

 

20代後半になってくると、ある程度収入が安定している人が増えてくるでしょうから、2万5000円前後を目安に。そろそろブランド物の財布を検討し始めるのにも良い年齢と言えるかもしれませんね。見た目相応のブランド力、そして高級感と落ち着きをを意識して財布選びを心がけると良いかもしれません。

 

30代の平均金額は「2万円〜4万円前後」

30代にもなってくると管理職として働き始める人も出てくると思います。部下がたくさんいる中、安い財布を使っていると「あまり稼げないのかなこの職場は…」と思われてしまうかもしれません。これはビジネスマンとしてはもちろん、1個人としても歓迎できる自体ではないですよね。

 

役職や立ち位置にもよると思いますが、だいたい2万円〜4万円前後の財布を検討するのがちょうど良いのではないかなと思います。できれば本革の長財布などよりビジネス向けのスタイリッシュで洗練されたデザインのものを選ぶのがオススメです。

 

また10年、20年と長く使い続けられる良い財布を購入できるだけの収入がある人がほとんどでしょうから、これからの社会人生活を共に歩む財布を探してみるのも一興。

 

40代以降の平均額は「3万円〜5万円以上」

40代になるとほとんどの人が何かしらの管理職に就いていると思います。また収入もこれまでより高く、そして安定しているケースがほとんど。ということで使う財布もワンランク上の、誰が見ても良いものだと分かるものを選んでいきたいところです。

 

価格は懐事情と相談しながらできるだけ良いものを選んでいくのが吉。ある程度財布の値段が高くなってくると、意外と見た目はシンプルで、素材にこだわった逸品が増えてくる傾向にあります。それだけに重要となってくるのが「エイジング」でしょう。

 

エイジングは経年変化とも言い、使い続けることで生まれる独特の革の表情を表しています。これがあるのとないのとでは随分と印象が変わってきます。ぜひエイジングが楽しめる長財布を検討してみてください。

 

終わりに

見た目だけにこだわるのではなく、エイジングにもこだわって選ぶのが真の革財布の魅力。周りの人たちから見られることを想定した財布選びはもちろん大事なのですが、それ以上に自分が満足して長く使い続けられるものを見つけられると最高ですね。

 

今回紹介した相場を参考に、色々な財布と触れてみて、心にグッとくる、男心を高めてくれる逸品を探してみてください。

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル