MENU

マイスターコードバン・スカイスクレーパーは日本の名門タンナーによる伝統製法「水染めコードバン」を贅沢に使用!

マイスターコードバン・スカイスクレーパー マイスターコードバン・スカイスクレーパー(CORDOVAN THIN WALLET)

 

マイスターコードバン・スカイスクレーパー

皮革 縫製地 価格

馬(日本)

日本

70,000円(税込・送料込)

シーン カラー

スーツに◎ カジュアルに○

全2色

画像
マイスターコードバン・スカイスクレーパーは日本の由緒ある伝統製法から作られた「最高級水染めコードバン」のラウンドファスナー長財布です。

 

日本の名門タンナーが作り上げた最高級の水染めコードバンは顔料を使用することなく、コードバンに丁寧に染料を染み込ませることで作り上げた味わい深い色が特徴です。透明感のある表情、そして素材そのものの表情を活かした水染めコードバンは「美しい」の一言。

 

内装部分にはイタリアの名門「バダラッシ・カルロ社」のオイルレザーを贅沢に使用しています。こちらは1000年以上の歴史を持つ皮革で、経年変化を強く楽しめるのが特徴。

 

マイスターコードバン・スカイスクレーパーは日本の最高級水染めコードバンと、イタリアのオイルレザーのコントラストが織り成す、繊細さと重厚さ、そして大胆な男らしさを実感できる逸品です。

 

最高級コードバンに日本の技術「染上げ」が出会った

画像

コードバンは独特な素材感、そして希少性の高さから「革のダイヤモンド」とも言われています。きめ細やかな繊維がむき出しになっているため、肌触りが滑らかかつしっとりとした質感が特徴です。

 

従来のコードバンは染めるときに顔料を用いることが多く、せっかくの表情を損なってしまうケースが多々ありました。そこでマイスターコードバン・スカイスクレーパーでは日本の伝統技術「染上げ」を最大限に活かすことで、コードバンの表情はそのままに、深みのある色を加えることに成功。

 

素材そのものの良さを最大限に引き出しつつ、深みのある表情、触ると手に馴染むコードバンならではの質感が他のアイテムと一線を画す芸術品に仕上がっています。

 

また内装部分にはイタリアの伝統皮革であるオイルレザーを贅沢に使用。極上の風合いを楽しめるのはもちろん、使い込むほどに経年変化が起こり、よりオリジナリティの強い、オンリーワンの存在に昇華されます。

 

使い心地にもこだわる

画像

マイスターコードバン・スカイスクレーパーはあらゆるシーンで心地よく使うことを目的とし、ディテールにもこだわっています。

 

カードポケット8ヶ所、フリーポケット2ヶ所、札入れ2ヶ所、ファスナーつき小銭入れ1ヶ所と収納スペースは十分。開いたときのマチが10.5cmと大きめに取られているので、中に何が入っているのか確認しやすいですし、取り出すときも余裕があって、大人のスムーズな会計を実現してくれます。

 

内装部分のオイルレザー、そして一部に使用されているヌメ革がコントラストをかもし出し、同時に小銭を取り出しやすくなるなど機能性も高めてくれます。また使用されるファスナーは全てYKK社のもので安心感も大きいです。

 

大容量の財布とは言いがたい

画像

マイスターコードバン・スカイスクレーパーは収納力が高いのですが、他の大容量タイプの長財布と比べると若干容量に劣る部分があります。とはいえ、カードは8枚もはいりますし、フリースペースも用意されているので一般使いする方には十分。カードメインで大量の収納スペースが必要な方には少しもの足りなく感じられるかもしれません。

 

またとても希少性が高く、簡単に購入できるものではないのも気になる点かもしれません。値段も決して安くは無いため、よく考えた上で早めに注文する必要があります。。

 

 

マイスターコードバン・スカイスクレーパーの口コミ情報

マイスターコードバン・スカイスクレーパーの口コミ情報はどのようなものがあるのか、先輩オーナーの声を聞いてみましょう。

 30代 男性

「商品が手元に届いて持ったときに手に吸いつくような感触に満足。ずっと待ち続けていただけに喜びもひとしおです」

 50代 男性

「コードバンなので素材の良さは保証されていると考えて良い。水染めという珍しい製法なのもあってボルドーワインを購入。これが大変美しい財布で満足している。これからどんな風に経年変化していくのか楽しみだ」

 40代 男性

「色ツヤがとても素晴らしい。色が均一なわけではないのだが、それがかえって味わいを深めているように感じられる。重厚感の強いものかと思いきや、割とスタイリッシュな印象」


オーナーの口コミを見ると、デザイン性はもちろん、素材の持つ色ツヤ、深み、経年変化に関する内容を多く見受けられます。多くの人が満足しており、それだけ質の高い長財布に仕上がっていることがうかがえますね。コードバンをメインに用いた財布なので、経年変化を味わいつつ長く付き合いたい逸品だと言えそうです。

 

公式ボタン

>>公式ページはこちら<<

男性

すごく深みのある色合いの財布だね。ちょっと説明してもらえるかな?

 

案内人

かしこまりました。こちらはマイスターコードバン・スカイスクレーパーという商品になります。最大の特徴は「日本の伝統技術水染め」で染めあげられたコードバンを使用していることでございます。

 

男性

水染め?

 

案内人

従来のコードバンはほとんどが顔料を用いて染めているのですが、これだとコードバンの持ち味のひとつである、手に吸いつくような肌触りが損なわれてしまうのですね。しかし、水染めすることによって顔料で表面を覆う必要がなくなるため、コードバンの肌触りはそのままに美しさを際立たせているわけです。

 

男性

なるほどねぇ。あまり革製品で水染めって聞かないから珍しい商品なんだろうね。均一に染めあげられているというよりは少しムラがあって、これが味わいを増しているのかな…?

 

案内人

さようでございます。水染めでしっかりと染料をコードバンに染みこませてはいるのですが、どうしても多少のムラが出てしまうのです。しかしコードバンだけに限った話ではございませんが、経年変化を楽しむことこそ革製品の真髄。最初から味わいのある水染めが高く評価されるのも納得がいきますね。

 

男性

うんうん、確かに!とにかく色合いが美しいね。光の加減で濃淡が演出されるからすごくキレイ。使用感はどんな感じ?

 

案内人

そうですね。手触り自体はしっとりとしたものなのですが、硬さはそれなりになります。なので安心感は大きいですね。また大きさとしては大容量タイプというよりはどちらかというとスタイリッシュな部類に含まれるかと思います。手のひらにしっかりと収まるちょうど良い大きさに感じられる方が多いのではないでしょうか。

 

男性

ふむふむ。中を見てみると、カードポケットは結構たくさんあるね。これだけあればクレジットカードとかキャッシュカードも十分収納できそう。

 

案内人

内装にはイタリア名門タンナーのオイルレザーとヌメ革が使用されております。こちらが素材と色味のコントラストを織り成して、財布を開く度に贅沢な印象を受けますね。

 

男性

本当だね。色はブラックとボルドーワインの2色か。重厚感のブラックか、高級感のボルドーワインか…悩むところだねぇ。

 

案内人

こちらのマイスターコードバン・スカイスクレーパーはラウンドファスナータイプなので、フォーマルシーンだけでなく、カジュアルにも使いやすいのではないでしょうか。普段使いも考えるとボルドーワインが適しているかもしれませんね。

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル