MENU

長財布を買い替えるならボーナスが1つの目安に!あなたはどんな財布に新調する?

「そろそろ新しい財布が欲しいけれどなかなかタイミングが…」と思っていらっしゃる方も少なくないと思います。世間一般的には財布を買い替えるタイミングとして「春の新生活が始まるタイミング」が有名です。これは「春財布=張る財布」つまり春に財布を買い換えることで中身がパンパンになるよう願掛けしているんですね。

 

とはいえこの時期を逃してしまうとまた1年間同じ財布を使い続けることになりかねません。そこでぜひ検討してみて欲しいのが「ボーナス」です。

 

いつも以上にまとまった金額が手に入るわけですので、せっかくならワンランク上の、より上質な長財布に新調する大チャンス。なかなか財布の買い替え時が分からない方はボーナスに思い切って良いものを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

どんな長財布を選ぶ?高級志向or機能性志向

ボーナスで長財布を新調する際にはどのような点に気をつけるべきでしょうか。もちろん「これが良い!」と思えるものがあればそれを購入するのが正解だと思います。しかし「なかなか決められない」「何か基準が欲しい」という方は高級志向の長財布にするのか、機能性を重視した長財布を選ぶのかで判断するのもオススメです。

 

高級志向の長財布を選ぶメリットとデメリット

見た目のラグジュアリー感、ゴージャスさを最重要視して選ぶ場合のメリットとデメリットから考えてみましょう。

 

まずメリットですが言うまでもなく「周りの反応が良くなる」ことが最も大きいと思います。プライベートシーンはもちろんですが、ビジネスシーンでも「この人はすごく良い財布を使っているな」と思われるだけで印象が随分と変わってくるものです。やはりできる大人は小物など身の回りのものにも最大限に気を使うもの。知らず知らずのうちにアピールできるのは嬉しいですね。

 

一方のデメリットですが、高級志向が強すぎる長財布はプライベートシーンで少々使いづらい部分があります。例えばカジュアルな格好を好む方だと服装と長財布のギャップが大きくなって違和感が生まれてしまうかもしれません。

 

機能性志向の長財布を選ぶメリットとデメリット

財布の容量やマチの大きさなど使い勝手を最重要視した長財布もまたボーナス時に購入を検討したいものです。

 

メリットは「どのようなシーンでも使いやすく、お会計をよりスムーズに済ませられる」ということ。それにたくさんのカードを持っている方にとっては財布のボリュームはとても大事なポイントになってきますよね。

 

デメリットについては特にありませんが、ビジネスシーンやフォーマルシーンに適さない財布が出てくる可能性があることは注意しておくべきかもしれません。特にフォーマルシーンは余計なものをいれず、できるだけスッキリとさせておくことがポイント。使い方次第で対応できるのでそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。

 

終わりに

一口に長財布といってもかぶせ蓋タイプやラウンドファスナータイプなど色々な種類があります。もちろん使用する皮革や染料によって表情は大きく変わります。個人的には「見た目」で選ぶのもかなり大事なポイントだと思っています。自分が気にいらない財布を買っても愛着が湧かずに、結局すぐにまた買い換えてしまうことになりかねませんよね。

 

せっかくのボーナス。5年、10年…と長く使い続けたいと思える、経年変化も楽しめる大人向けの本革長財布への新調をぜひ検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル