MENU

海外の男性の財布の主流は二つ折!カード決済が主流な文化が違いの理由

日本の男性は間違いなく長財布が好きです。実際に財布売り場で売られている半分以上は長財布ですし、日本人が大好きなブランド物は長財布をメインに取り扱っていますよね。

 

そこで気になるのが「海外の男性の財布事情はどうなっているんだろう?」ということです。そこで今回はアメリカを中心に、海外の男性が使っている財布など海外財布事情についていくつか紹介していきます。

 

海外では二つ折りが主流

画像

意外に思う人も多いかもしれませんが、海外の男性のほとんどは二つ折の財布を使っています。これにはいくつか理由があります。

 

まずひとつが、海外の男性は「手ぶらで出かける」のがステータスな部分があるからです。できるだけ身軽な状態で出歩きたい…と考える人が大多数を占めています。確かに、海外の俳優さんのプライベートショットなどを見ると、あまり鞄を持っている写真は見かけないですよね。

 

なので、鞄を持たずに財布を携帯しやすい形、ということでポケットに収納しやすい二つ折財布が主流になっているのも納得です。

 

小銭はどうしているの?

二つ折財布は長財布と比べると収納力に劣る部分があります。そして財布を圧迫する原因と言えば「小銭」ですよね。

 

実は海外の男性は財布に小銭を入れない方が大多数です。では小銭入れを携帯しているのか、と言えばそのようなこともありません。「じゃあどうしているの?」と言えば、ポケットに直接小銭を入れているんですね。

 

海外ドラマなどを見る方なら「ちょっと待ってくれ…」と言ってポケットからゴソゴソ小銭を取り出すシーンを一度は見たことがあるはず。日本人ではあまり見かけないタイプですが、海外ではそれが当たり前だったりします。

 

さらに、アメリカで見てみると、頻繁に使われる紙幣が1ドル、5ドルになるのですがこちらは紙幣になります。小銭は1セント、5セント、10セント、25セント、50セント、100セントの6種類。つまりあまり小銭がたまらない文化なんですね。こういった背景も考慮すると納得できる部分が大きいのではないでしょうか。

 

海外は絶対的なカード文化

画像

最近では日本でもクレジットカードが当たり前になりつつありますが、世界的に見るとまだまだ現金主義と言えます。

 

海外の場合、支払いを簡単に済ませるのはもちろんですが、身分証明書の1つとしてクレジットカードが活躍しています。なのでカードをほぼ誰でも持っていると言えます。

 

それだけに、あまり現金を持ち歩く事はなく、カード文化が当然のことと考えられています。

 

正直、カードを持ち歩いて、カードが使えないところで支払いをするために最小限の現金を持ち歩く、というスタイルなら二つ折が理想的かもしれませんね。

 

海外旅行は二つ折がオススメ?

画像

もちろん海外でも長財布を愛用している方はたくさんいます。主に高所得者は長財布+小銭入れの組み合わせを好む傾向があるのは日本と同じようです。

 

日本人は特に所得が高くない人、平均的な方でも普通に長財布を使っています。それだけに、海外に出かけるときは注意しておかなくてはなりません。

 

海外で長財布を使っているのが見られると「あいつはお金持ちだ!」とスリや恐喝のターゲットにされてしまう可能性が高くなる、と言われています。これは割と良く聞く話ですよね。

 

ということで海外旅行検討しているなら、安物でも良いので別途二つ折財布を用意しておいたほうが良いかもしれません。

 

まとめ
ということで今回は海外の男性の財布事情についていくつか豆知識を紹介してきました。

 

「所変われば品変わる」ではありませんが、やはりその国に応じた使い勝手の良い財布が違ってくるのはちょっと面白いですね。

 

もちろん日本でと生活することを考えると長財布でも二つ折財布でもどちらでも良い部分はあります。しかしステータスの1つとして長財布+小銭入れが高く評価されているので、無難にそちらを選ぶのが良いかもしれませんね。

 

ココマイスター人気の二つ折り財布を紹介

ロンドンブライドル・パースファントム ロンドンブライドル・パースファントム(LONDON BRIDLE PURSE PHANTOM)

 

ロンドンブライドル・パースファントム

皮革 縫製地 価格

馬(イギリス)
内装:牛(イタリア)

日本

36,000円(税込・送料込)

ロンドンブライドルシリーズの二つ折り財布。一般的に二つ折り財布はカジュアルな印象をうけがちですが、目指しているのはドレッシーで紳士にふさわしい逸品。


コンパクトにまとめるための工夫が随所に見られ、見た目以上の収納力に満足いくこと間違いありません。また、同シリーズの他商品と比べてブライドルレザーとマットーネの素材ごとのコントラストをより強く体感できるのも魅力。


札入れ、小銭入れ、カードポケット、フリーポケットのバランスは絶妙で、特に小銭入れはかなりマチが大きめ。そのため小銭が見やすく、取り出しやすい。もちろん小銭入れの内側にもマットーネを贅沢に使用しているのも注目ポイントです。


スーツやズボンのポケットに入れて、颯爽と出かけるスタイルを選びたい紳士にこそオススメ。

公式ボタン

徹底解説

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル