MENU

染色技術の高さが世界的に注目を集めているYUHAKU

画像

YUHAKUの概要

YUHAKUはまだ世間一般では広く知られたブランドではないかもしれませんが、近年富に注目を集めている日本の革製品を製造するブランドです。2006年からオーダーメイドメーカーとして発足し、2009年からは株式会社化しました。

 

技術力の高さが海外では高く評価されていて、海外のバイヤーが調達することも珍しくなくなっています。日本でも徐々にブランドが浸透していて、伊勢丹や高島屋、三越などの有名百貨店でも取り扱われるようになりつつあります。

 

海外や有名な国内百貨店で取り扱っているということは、それだけ優秀なブランドであることがうかがえます。百貨店では目利きのバイヤーをそれぞれ確保していて、その厳しい視点で店で取り扱う商品を選定しています。厳しいハードルをクリアした優秀な財布が多いのです。

 

YUHAKUの公式ページはこちらから

 

YUHAKUおすすめの革財布3選

YUHAKUではさまざまな財布を販売しています。その中でもユーザーやバイヤーの間で評価の高い財布を3つ以下で紹介しましょう。

 

コブウェブシリーズ

画像

YUHAKUではコブウェブシリーズと呼ばれる財布を販売しています。コブウェブとは、クロコダイルの革のデザインを蜘蛛の巣に見立てたところから来ています。

 

クロコダイルの革といって販売されている革財布の中には、実はカイマンワニを使っているものも結構あります。しかしYUHAKUでは本当のクロコダイルの革を使っています。希少価値の高いクロコダイルレザーを独自の染色技術で染め上げたのが、コブウェブシリーズの魅力です。

 

クロコダイルの革の質感をしっかり感じたいと思っているのであれば、コブウェブシリーズの中でもラウンドファスナーがおすすめです。クロコダイルの革の中でもさらに希少価値の高い肚革を使っているのが特徴です。そしてYUHAKUの独自技術によって、鮮やかな色合いに染め上げているのでオンリーワンのアイテムという感じがするでしょう。

 

デザイン性に優れているのはもちろんですが、実用性に優れている所も注目です。たとえばライニングには耐久性に優れたキップスキンを使っています。

このシリーズの財布をもっとみる

 

スパーダシリーズ

画像

YUHAKUの幻のシリーズといわれているのが、スパーダシリーズです。スパーダシリーズは剣先のような引手がシンボルとなっています。イタリアンショルダーは使い込めば込むほどツヤが出てきて、他にはない財布の質感に仕上がります。財布も個性あふれるアイテムにしたければ、スパーダシリーズは候補に入れてみると良いでしょう。

 

クラシカルな感じに財布を探しているのであれば、スパーダシリーズの長財布を購入するのはいかがですか?バイカーズウォレットではよく見かけるシンプルなデザインなのですが、カジュアルでありながらアンティークな雰囲気も漂わせるという絶妙なバランスを保っています。

 

手染めのムラを利用して、使いこんでいる感が新品の段階でにじみ出ています。しかし使い込むと経年変化をして、どんどん手になじんでいくでしょう。

このシリーズの財布をもっとみる

 

コードバンシリーズ

画像

YUHAKUのコードバンシリーズは、水染めコードバンを使っているのがその大きな特徴となっています。このため、表情が豊かですし使えば使うほど、他にはない色合いや質感に変化していきます。長年使い続けると、ますます愛着がわくでしょう。

 

コードバンシリーズの中でもおすすめは長財布でしょう。何といっても表面だけでなくライニングまですべてにコードバンを使っているのが特色です。一切手抜きなしで、セレブが持つ財布のような高級感を漂わせています。

 

YUHAKUは革工房ですが、その魅力を凝縮した財布といっても過言ではないでしょう。コードバンはすでに希少価値の高い素材になっているので、今後在庫がなくなる恐れもあります。

このシリーズの財布をもっとみる

 

YUHAKUが注目されたのは染色技術

画像

海外でも注目を集めているYUHAKUですが、その技術力の高さがきっかけでした。特に染色技術の高さには注目すべきです。海外のバイヤーの注目を集めたのは、染色の美しさにあります。

 

YUHAKUの財布を見てみると、他の高級ブランドではなかなか見られない独特のグラデーションのかかっていることがお分かりになるでしょう。

 

厳選された皮素材を職人が手作業で染色をしているので、機械生産をした財布にはない質感を与えてくれています。

 

従来の革財布の製造過程を見てみると、色をいくつか使う場合異なる色合いの革を貼り合わせることで制作していました。しかしYUHAKUの場合、革にアートを描く方式を取り入れています。イメージとしては、キャンパスにさまざまな絵の具を使って絵を描くのに近い感覚です。

 

また手染めで制作しているので、2つとして全く同じものがないのも特徴です。どの財布も一点ものとなりますので、自分だけの財布として特別な愛着もわくことでしょう。

 

YUHAKUが人気の理由

財布の評価するポイントはいろいろとあります。その中でもコバの仕上がりは大変重要なポイントになります。

 

YUHAKUの財布を見てみると、コバの処理が巧妙になされているのも人気の理由です。エッジがきき、平らに処理をされている財布が業界では優れていると評価します。YUHAKUはその条件を世界のブランドの中でもトップクラスでクリアしていることがうかがえます。

 

財布のファスナーのところを普段気にしている人はあまりいないかもしれません。しかし細部にまでこだわるYUHAKUでは、ファスナーもユーザーの使いやすさを追求しているのも見逃せない特徴の一つです。

 

務歯とはファスナーの金属の出っ張り、歯のような感じになっている部分のことです。YUHAKUではこの務歯も研磨にかけています。その結果、ファスナーを開閉するときに引っ掛かりがなく、スムーズに動かせるようにしているのです。

 

YUHAKUはどのような人におすすめか?

YUHAKUがおすすめのタイプですが、他にはない自分ならではの財布を購入したい人がまず挙げられるでしょう。オリジナリティあふれる財布がほしいという人におすすめです。

 

またできるだけ長く財布を愛用したいと思っている人にも、YUHAKUは向いていると思います。長く使えば使うほど、自分の手に馴染んできて特別な愛着がわくからです。またYUHAKUでは自社製品の修理サービスもありますから、多少壊れても修理して使い続けることも可能です。

 

芸術性追求ならYUHAKUを

YUHAKUはほかの有名ブランドと比較すると、まだまだ知名度は低いかもしれません。しかし世界中でその高い芸術性が評価されていることも頭に入れておいて損はないでしょう。

 

もともとはオーダーメイドで革製品を作っていた工房です。ですから高い品質も保証されています。他にはない珍しいブランドの財布を探している人は、一度YUHAKUをチェックしておいて損はないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル