MENU

ルイヴィトンは塩化ビニールを使った丈夫な素材を使用しているため他のブランド財布よりも圧倒的な耐久力を持っている

日本人の女性の40%以上はルイヴィトンの財布を持っている、と言われているくらい日本にとってなじみの深いブランド。どうしてここまでルイヴィトンが人気を集めているのか…と言えばおそらくほとんどの人は「ブランド品だから当たり前でしょう?」と答えると思います。

 

しかし、ただ単純にブランド品だからといってここまで売れるわけではありません。人気に裏打ちされた理由が必ず存在しています。それが驚くほど耐久性に優れていることです。

 

ルイヴィトンはビニールでできている?

ほとんどの人は「ルイヴィトンの財布は本革を使っている」と考えています。確かにシリーズの一部は本革を用いているのですが、大半はビニールによって作られているんです。

 

ビニールと聞くと一気に安っぽい感じがしますが、ただのビニールではなく、エジプト綿に塩化ビニール(PVC)コーティング加工した「トアル地」と呼ばれる高級素材を使用しています。高級素材とはいえ、革と比べるとやはり安い素材であることに間違いはありませんが…。

 

ビニールなので当然弾力があり、水に濡れても全く問題無し。薬品にも強い。さらに言えば、本革の財布のように定期的にメンテナンスしてあげる必要も全くありません。つまり誰が使っても強い財布だと感じられる強さが魅力というわけです。

 

裁縫にも徹底したこだわりが

耐久性の高さは素材だけで決まるわけではありません。作り方、裁縫の仕方によってまた変わってくるものです。

 

作り方が悪ければそこから段々悪くなっていてしまい、財布としてまともに機能しなくなることは想像に難しくありません。これはルイヴィトン創業当初から徹底的にこだわっていたポイントのひとつなんだそうです。今でも熟練の職人さんが手間暇を掛けて丁寧に作り上げているからこそ、今なお世界的に人気の高いブランドとして存在し続けているのでしょう。

 

値段の高さはブランド価格!?

「ビニールをメインに使っているのなら、ルイヴィトンの財布をもっと安くても良いのでは?」確かにその通りなのですが、このあたりは全世界で高く評価されているハイブランドによるネームバリューだと考えるのが妥当だと思います。

 

よくルイヴィトンの類似品、偽物が話題になりますが、それだけの価値のあるブランドとして認められている証拠。

 

終わりに

もしかすると今回のこの記事を読んでルイヴィトンに対してネガティブな感情を抱く方もいるかもしれません。しかし、実際に使って見れば分かるのですが、ビニール素材で作られているからといって高級感が損なわれることは全くありません。そこはやはりルイヴィトン品質。一度手にとって見れば分かる贅沢さ、そして信頼度の高さ。いつかは手にしたいブランド品のひとつですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル