MENU

ウォレットチェーンは革製のものが特にオススメ!つけ方ひとつで印象が大きく変わる

「学生の頃はウォレットチェーンを使っていたけれど、社会人になってからは全然使わなくなった」「一昔前ははやっていたから使っていたけれど、正直今は使っている人の方が少ないからあんまり…」

 

お気に入りの財布のカスタムコーディネートのひとつとしてウォレットチェーンが挙げられますが、昔ほど使っている人を見かけなくなりました。人によっては「ウォレットチェーン?あまりかっこよくないよね」という人もいらっしゃるでしょう。しかし、使い方ひとつで手軽に大人コーディネートに役立てられるのもウォレットチェーンの魅力のひとつ。

 

そこで今回はウォレットチェーンについて考えてみたいと思います。

 

そもそもウォレットチェーンは何のために使う?

もともとウォレットチェーンは「財布を落とさないようにするため」のアイテムです。しかし今はファッションのひとつとして用いられる面の方が強いでしょう。

 

  • 財布を落としたり、盗まれたりしない
  • 手軽にアクセントを加えられる
  • 色々な素材が楽しめる

 

これがウォレットチェーンを利用する最大の目的だと思います。「チェーン」とついているだけに、金属製のものを連想しがちですが、革のウォレットチェーンもあるので大人コーデにも使えるようになっているんです。

 

実に様々な材質、長さ、太さがあるため、自分好みのスタイルを選びやすく、一人ひとりの個性を出しやすいのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

革のウォレットチェーンを選んでみよう

ビジネスマンにとって、革の長財布はマストアイテムのひとつ。上質な革財布を1つ持っているだけで、雰囲気が大きく変わってくるものです。

 

もちろん従来の金属製のウォレットチェーンを組み合わせるのも悪くは無いのですが、これだとあまりにもカジュアルになりすぎてしまいがち。少なくともビジネスシーンには噛み合いません。

 

もちろん普段使っている革財布がカジュアルに使うにはちょっと堅苦しい…という場面だと金属製のウォレットチェーンも悪くは無いのですが。

 

そこでオススメしたいのが革のウォレットチェーンです。丈夫であること、革財布と合わせやすいこと、そして経年変化による「味」が出てくることが最大のメリット。

 

ビジネス・フォーマルシーンでは使わない方が無難

少しイメージしてみて欲しいのですが、スーツスタイルの人がウォレットチェーンをつけているイメージはありますか?おそらくほとんどの人はイメージに無いと思います。

 

ほとんどの人はスタイリッシュな長財布をスーツの内ポケットや鞄の中に入れて持ち運んでいます。

 

ビジネス、フォーマルな場面ではあまり奇抜なファッションは好まれません。型にはまった、きちっとした格好を選ぶことこそ重要であり、当然のことだと認識されています。

 

なのでビジネス・フォーマルシーンではウォレットチェーンを使用しないことがマナーと考えた方が良いでしょう。もし使いたいのなら、普段使いに検討するのが良いと思います。ジャケットスタイルなど大人コーデによく合うカッコイイ物を探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレゼント
予算別
ラウンドファスナー


シリーズ別に長財布を探す
ブライドル
コードバン
マットーネ
ナポレオン
マルティーニ
ジョージ
パティーナ
アルバート
クリスペル
オークバーク
プルキャラック
ロンドンブライドル